TOP > その他こんな人には

思春期の子どもには

体も心も成長期の10代の子どもには…

・ビタミンA
・ビタミンB群

子ども達が好きな食べ物には、お菓子やジュースファーストフードなどが
ありますが、これらは糖分を多く含みます。
この大量の糖分を消化してエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要に
なりますが、これらの食品にはほとんど含まれていません。

糖分が正常に代謝されないと、体内に乳酸という疲労物質が蓄積し疲れ
やすくなってしまいます。最近のこどもはすぐに「疲れた〜」と口にするのも、
もしかしたら大人の真似ではなく、ビタミン不足によるものかもしれません。

また、ビタミンB1不足は、いらいらしたりおこりっぽくなったりしてしまいます。

そんな状態の上、テレビゲームなどで自分の思うようにいかなくてもすぐに
電源を切れば終わりにできるという習慣や、学校や家でもしかってくれる人
が減っている現代の子供たちは、ますます社会性というものが身に付かな
いのでは?と思わずにいられません。

思春期になると、ダイエットを試みる女の子が多くなります。ただやみくもに
食べる量を減らすダイエットではなく、年相応に必要な食事量の中で、エネ
ルギー代謝を活発にし脂肪燃焼を助けるビタミンB群をしっかり取るのがよ
いでしょう。最初に述べたファーストフードやお菓子類を控えることの方が、
ダイエットにも健康にも精神的にも効果的です。

にきびの悩みには、ビタミンAとビタミンB2、B6が効果的です。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。