TOP > 日常の体調不良にも

疲れ目

「目が疲れる」と感じるときには…

・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC

目の周辺には多数の毛細血管があり、目の使いすぎでこれらの血行が悪くなるの
が、疲れ目とも呼ばれる“眼精疲労”です。

ビタミンAにはは疲れ目や視力の低下を防ぐなど、目の健康を保つ働きがあります。
ビタミンAが豊富なレバーを食べるか、緑黄色野菜を炒めるなどして油と一緒にとることでベータカロテンを摂取するよう心がけましょう。

また、ビタミンB2の不足は視力に悪影響を及ぼし、充血や目の痛みの原因になります。ビタミンCも一緒に取っていると、目の老化を防ぐことになります。

眼精疲労には、視神経の働きを活発にしてくれるビタミンB1,6,12の相乗効果が効
果的です。

パソコンの普及により、ドライアイの人が急増していますが、涙は角膜を保護する大事な役目を背負っています。パソコンなどの画面を凝視していることによって、極端にまばたきの回数が減ってしまい、保護すべき角膜をかえって傷つけることになりかねません。普段から目の健康を考えたビタミンをとっておくことをおすすめします。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。