TOP >

鉄の効能

鉄は、“機能鉄”と“貯蔵鉄”とに分けられます。

機能鉄とは、体内の鉄の60〜70%を占め、血液中のヘモグロビンの中に
ヘム鉄として存在しています。

貯蔵鉄とは、残りの20〜30%で、肝臓や脾臓、骨髄に貯蔵されています。

機能鉄は血液中で酸素と結合し、全身へ酸素を運んでいます。
機能鉄が不足すると、十分に酸素を供給することができなくなるので、そこ
で体は内臓に貯蔵されている貯蔵鉄を血液中へ放出し補おうと働きます。
この貯蔵鉄も不足した状態が、鉄欠乏性貧血と呼ばれています。


鉄欠乏性貧血によく見られる症状とは、貧血以外にも…

  動悸・息切れ・食欲不振・疲れやすい・
  肌の赤みが消えて顔色が悪くなる・免疫力の低下

などがみられます。

本来、鉄は体内で繰り返し利用されるものですが、女性の場合月経に
よって体外へ出されてしまう為、男性よりもたくさん摂取する必要があり
ます。

鉄の吸収をよりよくするためには、ビタミンCやタンパク質を十分に取る
ように心がけましょう。

最近ではダイエットで鉄不足になる例も多いので、無理なく栄養バランス
のよい食事を心がけて、健康的なダイエットができるよう努力が必要です。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。