TOP > リン

リンの効能

《骨や歯》

体内のリンの約8割が、骨や歯に使われていて、カルシウムとともに健康
で丈夫な骨や歯を作っています。

リンの不足は、骨軟化症や骨の発育不全、くる病などを引き起こしますが、
リンは食べ物に含まれている以外にも、加工食品の添加物としても使用
されているので、摂取不足の心配はほとんどありません。

逆に、コンビニ食や外食が多いなどで過剰に取りすぎると、カルシウムとの
バランスがくずれ、骨にあるべきカルシウムを血中へ放出させてしまうので、
摂取量には注意が必要です。


《疲労回復・エネルギー生産》

体内のリンの2割ほどは、神経や筋肉に存在し、脳や心臓、腎臓などへの
神経の伝達やナイアシンの吸収を促進させ、疲労回復の手助けをしています。

また、遺伝子を構成している物質でもあり、細胞の維持にも欠かせません。

エネルギーを体に蓄えるのもリンを含んだ化合物なので、エネルギーの生産
にも必要不可欠なミネラルです。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。