TOP > カルシウム

カルシウムの効能

《骨》

「貯蔵カルシウム」…体内に存在するカルシウムの99%、骨や歯の成分
「機能カルシウム」…残りの1%、血液や筋肉などに存在する

ほんのわずかな量ですが、機能カルシウムは細胞の働きには欠かせません。

しかし、血液中のカルシウムが少なくなると、骨の中の貯蔵カルシウムから放出されていきます。

このため、カルシウム不足が続くと、骨がもろくなり骨軟化症や骨粗しょう症の原因となってしまうのです。


《生活習慣病・精神安定》

カルシウムは、骨だけでなく筋肉の収縮や血液の状態、神経伝達にも関係しています。

カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れ、細胞内のカルシウムの量が増えると、筋肉の収縮がスムーズにいかなかったり、精神的にも不安定でイライラしやすくなります。

カルシウムが充実することによって、神経の興奮や緊張を緩和し、心臓の収縮をスムーズにし血液状態を正常にするので、動脈硬化や高血圧の予防になります。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。