TOP > パントテン酸

パントテン酸とは

【化学名】 パントテン酸

【性質】 水溶性
     酸・熱・アルカリに不安定

【1日の推奨栄養所要量】
 ・男性…5mg
 ・女性…5mg

【こんな症状に】
 食欲不振、免疫力の低下、皮膚炎

【不足すると…】
・足の燃えるような痛み
・歩行のふらつき
・手の麻痺


パントテン酸は、ビタミンB群の一種で、成長や生きていくのに
欠かせない大切なビタミンです。

細胞内で糖質や脂質がエネルギーへと変化するときや、ホルモン
の合成に必要となる成分で、皮膚の健康を保つビタミンCを助ける
という大事な役目もあります。

パントテン酸はいろいろな食品に含まれ、腸内でも合成することが
できるので、特に不足するということはありません。

逆に、水溶性なので取りすぎても余分な分は体外へ出される為、
過剰症の心配もありませんが、アルコールやカフェインを多く取る
人は、パントテン酸をたくさん消費するので、多く必要です。

パントテン酸は各種ホルモンの合成に必要なビタミンで、なかでも
副腎皮質ホルモンの合成に欠かせません。

副腎皮質ホルモンには、さまざまな働きがあり、人間がストレスを感じ
たときに副腎で合成されています。

その副腎皮質ホルモンの大事な働きの1つに、血糖値を上げる作用が
あるのですが、パントテン酸が不足すると、この大事な働きも阻害され
てしまうのです。血糖値の異常は自覚症状がないので発見されたとき
には重症になりやすい特徴があります。

パントテン酸はさまざまな食品に含まれているので、偏食を避けバランス
の良い食事を心がけましょう。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。