TOP > ミネラルとは?

ミネラルとは?

ミネラルとは、ビタミンとともに五大栄養素のうちの1つで、健康を保つためには絶対に欠かせないものです。

体をつくる細胞は、タンパク質や脂質などで成り立っていますが、さらにタンパク質や脂質は元素から成り立っています。

ミネラルもまた元素です。
ミネラルとは、体内に存在する元素のうち、炭素・水素・酸素・窒素以外の元素のことをさしています。

生体に欠かすことのできないミネラルを必須ミネラルといいます。

【必須ミネラル】

・マクロ元素(比較的必要量の多いもの)
  カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、塩素など

・微量元素(比較的必要量の少ないもの)
  鉄、亜鉛、銅、マンガン、コバルト、モリブデン、セレン、ヨウ素、クロムなど


ミネラルが体内で占める割合は、ほんの4%にすぎません。

ミネラルは体内で合成することのできない物質なので、これらは食物から摂取することになります。

必要量が少ないとはいえ、ミネラルの摂取量が不足すると、やはりさまざまな症状となって体にあらわれてきます。

わずかな量でも、ミネラルは体のあちこちで重要な役割を果たしているのです。

ミネラルは、酵素と一緒に代謝を手助けしています。
ミネラルがなければ、酵素は本来の働きができなくなり生命活動に必要なあらゆる化学反応がストップしてしまいます。

このような働きはビタミンとよく似ていますが、ビタミンと大きく違い、ミネラルは体内で一定のバランスを取りながら働いているのです。

さらに、ビタミンよりも摂取量には敏感で、摂り過ぎても不足しすぎても、健康に影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

とくに妊娠中は、胎児の正常な成長とお母さんの健康のために、
普段より注意して栄養を取らなければなりません。

妊娠中ミネラルは不足しがちになるため、意識して必要な
ミネラルを摂取するように心がけましょう。

           <通常>    <妊娠中>
・カルシウム     600mg  →  900mg
・マグネシウム   250mg → 285mg
・カリウム 2000mg → 2000mg
・リン 700mg → 700mg
・鉄           12mg  →   20mg
・亜鉛 9mg → 12mg

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。