TOP > ビタミンとは?

ビタミンを破壊するもの

一般的に、ビタミンはこんなものに弱いとされています。

ビタミンA    →  熱・光・高温
ビタミンB1   →  水・熱・アルカリ
ビタミンB2   →  光・アルカリ
ビタミンB6   →  光
ビタミンB12  →  光
ナイアシン  →  とくになし
パントテン酸  →  熱・酸
葉酸      →  光
ビオチン    →  熱
ビタミンC   →  水・熱・酸素・アルカリ・酸
ビタミンD   →  とくになし
ビタミンE   →  アルカリ・紫外線
ビタミンK   →  光


あと、よく言われるのはタバコ。
ビタミンはタバコを吸うことによって体内で破壊されています。

タバコ1本で、約25mgのビタミンCが減り、実際に血液中の
ビタミンCの濃度も下がっています。

また、タバコの煙を大量に吸い込むことによってもベータカロチン、
ビタミンC、Eが大量に消費されます。

家族内に喫煙者いるなど、喫煙者と身近に接している環境では、
喫煙者以外の人も意識してビタミンを摂取する必要があります。

必要だけど毒にもなる酸素

「酸化」という言葉があります。
たとえばリンゴを剥いて放っておくと、茶色に変色します。
鉄も酸化すると、サビが発生してしまいます。

同じように、人間の身体も酸化します。

皮膚にシミやシワができたり、動脈硬化やガンなどの症状が出るのも、
原因の一つに体内の酸素があるせいだと言われています。

抗酸化ビタミンの使用例

食品の酸化を防ぐためにビタミンが使われているケースがあります。
お菓子や食品の添加物として使用されている「ビタミンE」などはそのいい例です。

インスタントラーメンやポテトチップスの袋にある表示を見ると、添加物として
記載されているものがあります。
これらは食品に入っている油脂類の酸化を防ぐ「ビタミンE」の働きを利用しています。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。