TOP > ビタミンE

ビタミンKの効能

ビタミンKは、血液を固まるのを助ける働きがあります。

血液が凝固するときに必要となるビタミンで、これが不足すると正常な血液凝固因子ができず、地が固まりにくくなってしまいます。

また、骨にも大事なビタミンで、カルシウムが骨に沈着するときにかかわっていて、骨からカルシウムが出て行くのを抑える働きをしているので、骨粗しょう症の防止に役立っています。


《新生児のビタミンKの取り方》

ビタミンKは、腸内細菌でも少し作られています。

しかし、新生児はまだ腸内細菌が発達していません。
その為、授乳中の母親がビタミンK不足の場合、赤ちゃんにも影響が出ることもあります。

生後1週間前後の赤ちゃんの便が黒っぽくなる新生児出血や、生後2〜3週間の頭蓋骨内出血がまれにですが、あるので授乳中の母親は、ビタミンKの取り方に気をつけなくてはなりません。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。