TOP > ビタミンE

ビタミンEの効能<血管を健康に保つ>

《血管を健康に保つ》

ビタミンEは、抗酸化作用の働きで生活習慣病を予防します。

抗酸化作用により、血管の健康を保ち、血液をサラサラにして血管内を流れやすくします。

血管に血栓ができるのを防げば、心筋梗塞、脳梗塞の防止に効果があります。

また、悪玉コレステロールを運び出し血管の中をきれいにしてくれる善玉コレステロールを増やす働きもします。


《老化防止》

体の中で細胞の不飽和脂肪酸が酸化され、過酸化脂質が増えると体の機能が低下し老化現象となってあらわれたり、異常細胞を作り出して病気の原因になったりしてしまいます。

ビタミンEは、そんなところに働きかけ、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

血中の過酸化脂質の量は、40歳を過ぎると急に増加し、さまざまな全身機能の低下を引き起こすのでしっかりと摂取して若さを保ちたいものです。


《更年期や不妊症に》

ビタミンEは不妊に効果のある物質として発見されました。
体内に摂取されたビタミンEは、副腎と卵巣に蓄えられ、女性ホルモンや男性ホルモンの代謝に大きくかかわっています。

不妊、生理痛、生理不順などで悩む女性は、ビタミンEを摂取すれば軽減されます。
更年期の女性は、体内のビタミンE濃度がかなり低下しているので、ビタミンEを補うことで症状が緩和されます。
男性もビタミンEによって、精子の数の増加、精力減退防止などの報告もあります。


《冷えや肩こり》

ビタミンEは、末梢の毛細血管を拡張させる特性があります。

肩こりや冷え症、腰痛などを感じる人は、ビタミンEを十分に摂取して、末梢血管の血液の流れを良くすれば、症状がずいぶん緩和されます。

血液の循環がよくなれば、全身に運ばれる酸素量も増え持久力もあがります。
運動を行う人には不可欠なビタミンです。


《美肌》

ビタミンEには体の血流をよくする働きがあります。

全身のすみずみまで血液の流れが行き届けば、新陳代謝も活発になり、肌の潤いや張りを保つことにつながります。

とくに空気が乾燥する冬に肌がかさつく人は、ビタミンEをしっかり摂取して、ビタミンEのもっている抗酸化作用とともに効果を期待したいものです。

また、ビタミンEには、紫外線に対する抵抗力をつけて日焼けから肌を守るという報告もあるので、化粧品などにも使われています。


このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。