TOP > ビタミンD

ビタミンDの効能

ビタミンDは、カルシウムの吸収をよくし、丈夫な骨や歯をつくります。
太陽(紫外線)にあたることで、体内でも作られ、骨を丈夫にしています。

成長期の子供がビタミンDを不足すると、骨が弱くなるだけでなく、歯の表面のエナメル質がきちんとできなかったり、大人が不足すると、骨粗しょう症の心配やエナメル質が弱り虫歯ができやすくなったりします。

また、ビタミンDは筋肉へカルシウムを運び、筋力を維持するという働きや、体内へのカルシウム摂取量が少ないときには、尿中にカルシウムが排泄されないように再吸収をさせる働きもしています。

ビタミンDは、体内に摂取されると、腸でカルシウムの吸収をよくするよう働きます。

また、血液中のカルシウムを骨まで運搬するのを助け、カルシウムが骨に沈着するのを手伝っています。

カルシウムのごく一部は筋肉にもいきますが、その筋肉でカルシウムが不足したときにビタミンDが働いて骨からカルシウムを筋肉へと運び、調整を行っています。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。