TOP > ビタミンC

ビタミンCの効能

《コラーゲンとの関係》

ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠な物質です。

ビタミンCが不足すと、細胞同士を結合させる役目の
コラーゲンの力が弱くなり、出血しやすくなったり、骨
がもろくなったりしてしまい、ひどくなると壊血病という
病気を引き起こします。

ウィルスの侵入を防ぐ力も弱くなる為、かぜを引きやすく
なるとも考えられています。

また、コラーゲンによって弾力のある肌を保てることや、
メラニン色素の生成を抑えシミを防ぎ、美肌を保つ働き
もあるので、女性には大事なビタミンです。


《免疫力》

ビタミンCは白血球の働きを助けています。

白血球は、体内に病原菌が侵入してきたときに、
それらを体外へ排除し体を病原菌から守っています。

しかしビタミンCが不足すると、この白血球の働きが
弱くなり、免疫力が低下してしまいます。

逆に白血球がしっかり働いてくれると、たとえ風邪を
ひいてしまっても、症状も軽く、回復も早くなります。
ウィルスが蔓延しやすい冬には、ビタミンCをしっかり
摂取することが、風邪予防につながります。


《ガン予防》

ビタミンCは、白血球の働きを助け、免疫力を高め
いろんな病気を予防します。

そのほかにも、ビタミンCには、胃ガンの原因の1つ
として研究中の、ニトロソアミンという物質の生成を
抑える働きがあります。
また,抗がん剤としても知られている、インターフェロン
が体内で生成されるのを助ける働きもしています。

これにより、ビタミンCは、ガンに対しての力も期待されています。


このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。