TOP > ビタミンが含まれる食品 > ビオチン

ビオチンの効能

ビオチンは、ビタミンB群の一種です。
糖質、脂肪酸、アミノ酸の代謝に働き、またDNAの成分である核酸を作るなど、私たちが生きていくことに不可欠な働きをしています。

従って、ビオチンが不足すると貧血、血糖値の上昇、筋肉痛等の症状引き起こしてしまいます。

最近注目されている効果が、アトピー性皮膚炎に関係の深い「ヒスタミン」を減少させるという効果です。
そもそもは、皮膚炎を防ぐ物質として発見されたビオチンですが、今後はこのアトピー性皮膚炎への効果が期待されます。
つまり美しいお肌のを保つためにも、ビオチンはとっても効果的ということです。

皮膚炎以外にも、爪を丈夫にしたり、筋肉痛の回復に働いたりもします。また薄毛が悩みの人はビオチンが不足しないようにという報告もあります。


1食品で一日に必要なビオチンの摂取量(30μg)をとるには…

・豚レバー       30g
・牛レバー       30g
・いわし         1尾
・卵            2個
・玉ねぎ       1/2個
・カリフラワー    1/2株
・マッシュルーム   180g

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。