TOP > ビタミンA

ベータカロテンとは

ベータカロチンとは、摂取すると体内でビタミンAに変化する前駆体の
プロビタミンAで、色素の一種です。

ビタミンAは動物性食品に多く含まれ、ベータカロチンは緑黄色野菜や
海草に多く含まれます。

ビタミンAは大量にとりすぎると、肝臓に運ばれていく途中でほかの臓器に
とって毒性をもたらし、過剰症を起こすことがありますが、一方ベータカロチンは、
ビタミンAが十分な体内に入った場合は変化をせずに、そのまま体内(肝臓や
脂肪組織)にたまります。

その後徐々にビタミンAに変わっていくので、過剰症を起こすことはありません。

また、最近ではビタミンAに変化していないままでも、すぐれた抗酸化作用が
あることが研究されています。

体内に取り込まれた酸素は、悪玉酸素となり体内でさまざまな病気の原因や
老化の原因となってしまいますが、ベータカロチンはこうした酸化から体を守って
くれる抗酸化ビタミンのひとつです。

このため、ビタミンAの半分はベータカロチンとして摂取したほうがよいと言われています。

そこで、ベータカロチンの摂取方法ですが…
ただそのまま食べるよりももっと効率的な摂取方法があります。
それは、油にとけた状態で摂取することです。

油にとけた状態で摂取すると、体内での吸収率が大きくアップ
するので、油いためはもちろん、生野菜を食べるときは少量の
ドレッシングを使うとよいでしょう。

ダイエットの時などは、どうしても肌が荒れたりカサカサになりがちです。
油が気になってドレッシングを使いづらい気持ちも分かりますが、
お肌を守るためにも、少しだけでもドレッシングを使いましょう。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。