TOP > ビタミンの歴史

ビタミンの歴史

ビタミンという言葉は、ラテン語で「生命=VITA」から生まれたと
言われています。

三大栄養素やミネラルの存在は19世紀までには発見されていま
したが、ビタミン自体はそれ以降、比較的新しい時期に発見され
てきたものです。

三大栄養素やミネラルが十分であっても、生物が発育できないと
いう事実から、研究が進められ、やがて発見にいたったのがビタミンです。

ビタミンが発見されるには、2つのパターンがありました。

・病気の解明
  中国や日本でも昔は“脚気”は原因のわからない病気でした。
  米を主食とする地域で流行した病気で、精米したあとの米ぬか
  に含まれている成分(ビタミンB1)が不足しているからとわかっ
  ていったのです。

・動物実験
  たとえば、脚気の症状をもつ鶏に米ぬかを与えてみたところ、治る
  ことが発見されました。
  ネズミや家畜などに与えるエサを変えて、その成長具合を調べる
  ことにより、新しい発見がふえていったのです。

このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。