TOP > ビタミンとは?

ビタミンの種類

人間の体にとって必要な栄養素のうち、三大栄養素と呼ばれるのは、炭水化物・タンパク質・脂肪の3つです。
これらは、エネルギー源となったり、血や肉となる栄養素です。

ビタミンの働きは、これらとは少し違います。
人間の体を工場に例えると、三大栄養素は原料であったり、機械を動かす燃料であったりするわけでが、これらを故障させずに動かすには潤滑油が必要ですよね。じつはビタミンは体の中でこの潤滑油的な働きをしているのです。

ビタミンは、体の中で必要な量をつくることができません。
必要な量は、三大栄養素に比べるとごく微量ですが、これが不足すると確実に体が故障状態に陥ってしまうので、とても大切な栄養素なのです。

ビタミンの種類は13種類あります。
これらすべてを食事の中から必要量摂取しなければなりません。そのため、ビタミンは「必須栄養素=必ず外から摂るべきもの」と呼ばれてます。

なかには取りすぎるとかえってよくない作用のものもあるのでまずは、ビタミンを知ることからはじめましょう。

ビタミンは、水溶性と脂溶性の二つに分けられます。


【水溶性ビタミン】
文字通り水に溶ける性質を持ちます。身体に必要な量以外は体外に排出されるので、多く摂りすぎても大丈夫です。

ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、葉酸、ナイアシン(ニコチン酸)、ビオチン、パントテン酸。


【脂溶性ビタミン】
脂に溶ける性質を持ちます。水には溶けないので、体内に蓄積されたままになり、多く摂りすぎると過剰症を引き起こすことがあります。

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK。


このカテゴリの記事一覧

注意事項
本サイトに記載されている情報は、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。本サイト内の情報を元にサプリメントなどを選ばれる場合には、必ず最新の情報や文献を確認の上でご利用下さい。